文化財の耐震補強と改修工事

さて、墨会館すみかいかんは「国登録有形文化財にくとうろくゆうけいぶんかざい」です

 50ねんたった歴史的れきしてき建物たてもののうち、
一定いってい評価ひょうかけた建物たてもの登録とうろくして
地域ちいき資産しさん(財産ざいさん)として活用かつようしようと
かんがえられたのが、登録文化財とうろくぶんかざいです


墨会館すみかいかんは「造形ぞうけい規範(きはん基準・手本きじゅん てほん))になっているもの」
という評価ひょうか登録とうろくされているのよね

日本人建築家にほんじんけんちくかとしてはじめて世界せかい活躍かつやくした
丹下建三たんげけんぞうさんの、
初期しょき作品さくひん特徴とくちょうることができるので

墨会館すみかいかん貴重きちょうです

旧香川県庁舎本館・東館きゅうかがわけんちょうしゃほんかん ひがしかんあと
旧草月会館きゅうそうげつかいかんそして墨会館すみかいかんと そんな順で 
おなじような時期じき設計せっけいしているのだそうです

繊維会社せんいかいしゃ事務所じむしょとしててられた墨会館すみかいかん
平成へいせい20ねん国登録有形文化財くにとうろくゆうけいぶんかざい登録とうろくされました

 

平成へいせい22ねん地元じもと公民館こうみんかん使目的もくてき
一宮市いちのみやし取得しゅとくし、
耐震補強たいしんほきょう改修工事かいしゅうこうじえ、平成へいせい26ねん開館かいかんしました


文化財ぶんかざい耐震補強たいしんほきょう改修工事かいしゅうこうじについて、

わたしたち二人ふたり調しらべたことをおはなしします。


文化財ぶんかざい改修かいしゅうでは、もとかたち材料ざいりょう(オリジナル)を
のこすことを優先ゆうせんにしてかんがえるのだそうです

 

登録文化財とうろくぶんかざいでは室内しつない変更へんこうはわりと自由じゆうなのですが
貴重きちょう丹下建築たんげけんちくなので、文化庁ぶんかちょう
丹下都市建築設計たんげとしけんちくせっけい意見いけんいて、
そと室内しつないもオリジナルをのこすことに努力どりょくしました


墨会館すみかいかん昭和しょうわ32ねんに作られました
そのころ耐震たいしんまりは
いまほどきびしくありませんでした

いま基準きじゅん墨会館すみかいかん建物たてもの
地震じしんえられるかを調しらべたら、
やはり 十分じゅうぶん強度きょうどはありませんでした

 

耐震改修たいしんかいしゅうだとはいっても
オリジナルのデザインをのこすことは優先ゆうせんされました

 

文化庁ぶんかちょうは、
オリジナルのはしらはりこわさないですむように、
鉄骨てっこつブレース(ななざい)で補強ほきょうをしてほしいとのぞみました

文化庁ぶんかちょうは、将来しょうらいあたらしい改修工法かいしゅうこうほう
開発かいはつされたらえができるようにしておいて
いまはオリジナルのデザインをのこすようにと 主張しゅちょうしました


建物たてものをあまりさわらないで方法ほうほうとして

旧香川県庁舎きゅうかがわげんちょうしゃでも採用さいようされた
基礎免震工法きそめんしんこうほうかんがえたのですが、
建物たてもの道路境界どうろきょうかいとの隙間すきまちいさいので、
あきらめたそうです



入口いりぐちの4ほんはしらピロティ―とうでの補強ほきょうは、
なやみました  大勢おおぜいひと出入でいりするので、
鉄骨てっこつブレース(ななざい)では
邪魔じゃまになるし、危険きけんだからです

入口いりぐちの4 ほんはしら つピロティ― とう

墨会館すみかいかん特徴とくちょう印象いんしょうづけるピロティーとうでの
鉄骨てっこつブレース補強ほきょうは、丹下都市建築設計たんげとしけんちくせっけい意見いけんもあり断念だんねんし、屋根やねおもさをかるくすること解決かいけつしました

防水改修工事ぼうすいかいしゅうこうじ屋根やねかるくし、
はしらを5㎝けずって補強鉄筋ほきょうてっきんと10㎝のコンクリートきで、
はしら補強ほきょうしたのです

はしらふとくしたので両隣りょうどなりのテラコッタグリルも
れつぐらい
はずしています
そして改   あらためてテラコッタの目地めじすこほそくしながら
なおしたのだそうです

入口いりぐちの4 ほんはしら つピロティ― とう


うまくはずせずにれてしまったのもあったので、
つくなおしたテラコッタグリルもあります
それがどれなのか、つけられるかな?

補強ほきょうした はしら  天井てんじょうはり とは ふと さが ちが

はしらはばが10㎝おおきくなったので、
ピロティーの4ほん
はしらだけ、
よくるとはしらめんはりめんとがそろっていません
ほかはしらはりとも見比みくらべてみてください

柱面はしらめん杉板目すぎいため模様もようえます
模様もようがきれいにるように、

何回なんかい練習れんしゅうしてコンクリートの施工せこうをしたのだそうです
杉板すぎいた枚数まいすうもオリジナルどおりに5まいならべたので、
まいづつの杉板すぎいたはばすこひろくなっています

補強ほきょう した はしら にもオリジナルと おなすぎいた模様もよう がついている


つぎ集会室棟しゅうかいしつとうです
ここでの耐震補強たいしんほきょう鉄骨てっこつ使つかいました

補強ほきょう鉄骨てっこつはしら  しろ塗装とそう がしてある

はりささえるしろられた鉄骨てっこつはしらが、ところどころにっています
これはり補強材ほきょうざいです

オリジナルとはことなる構造体こうぞうたいであることを
それとなくつたえ、将来しょうらいはずすことも想定そうていしています

木製もくせい ルーバーを 不燃化ふねんか

集会室棟しゅうかいしつとう天井てんじょうですが、
おおくの人々ひとびと利用りようする建物たてものなので、
天井てんじょう不燃化ふねんかをしなくてはなりませんでした

既存きぞん木製もくせいルーバーはずし、
樹脂じゅし注入ちゅうにゅうして不燃化ふねんかし、
ふたたけることで、
オリジナルのデザインをのこすことが出来できました

保存展示ほぞんてんじ してあるオリジナルの 可動式間仕切壁かどうしきまじきりかべ

集会室しゅうかいしつとロビーを仕切しき可動間仕切かどうまじきりは、残念ざんねんながら
えています
オリジナルの間仕切まじきりの一部いちぶ展示てんじしてありますので、
ておいてください

スチールの


ロビーと中庭なかにわ仕切しきおおきなは、

西にしはし一部いちぶにオリジナルをのこして、取替とりかえました

そのほか建材けんざい展示てんじケースない保存ほぞんしてありますので
ながめてみてください

オリジナルの建材保存展示ほぞんてんじ ケース

 


つぎは2階建かいだてての事務所棟じむしょとうです

公民館こうみんかんとして使つかわれているのは事務所棟じむしょとうの1かいだけです

事務所棟じむしょとうの2かいまで公民館こうみんかんにしようとすると
おおげさな改造かいぞうとなってしまいます
文化財ぶんかざい保護ほごができなくなるので、2かいはオリジナルを
のこすことを優先ゅうせんしたのだそうです

事務所棟じむしょとうかい公民館こうみんかんとして使つかえるよう
間仕切壁まじきりかべもうけることになっていたので、
その間仕切壁   まじきりかべ位置いちわせて、
鉄骨てっこつブレースでの耐震補強たいしんほきょうおこなわれました

しろられた鉄骨てっこつブレースの
耐震補強材たいしんほきょうざいは、オリジナルとはことなる構造体こうぞうたいであることをつたえています

鉄骨てっこつ ブレース

登録有形文化財とうろくゆうけいぶんかざい外観重視がいかんじゅうし文化財ぶんかざいなので、
文化庁ぶんかちょうからは、そとから目立めだたない位置いち
耐震補強たいしんほきょうをするよう助言じょげんがあったそうです

事務所棟じむしょとう各部屋かくへや欄間らんまをガラスにして、
部屋へや連続性れんぞくせい
かんじるオリジナルのデザインをまもっています

欄間らんま のある 間仕切まじきかべ

鉄骨てっこつ ブレースと 欄間らんま

鉄骨てっこつブレースを壁でかくしてしまわないで剥きしにしたのは、

部屋へや連続性れんぞくせい
というオリジナルのデザインをまもるためということのようです

ダッコちゃん 家具かぐ床材ゆかざい

ダッコちゃん家具かぐいてある床材ゆかざいは、よく見ると
少し色が違います  これはプラスタイルという
オリジナルの床材ゆかざいが、そのままのこしてあるのです

 

センターコアーのかべには
オリジナルの陶板とうばんや壁クロスがそのままられています
ただ、天井てんじょう不燃化ふねんかもとめられたので
えてしまいました
残念ざんねん

オリジナルのかべ

中庭なかにわるスチールせい建具たてぐもオリジナルのままです

開閉禁止かいへいきんし上下建具じょうげたてぐ

 

気密性きみつせいはよくないスチール製の建具せい たてぐだけど、
直接部屋ちょくせつへやになる部分ぶぶんわずかなので、
えないでオリジナルをのこしているのよね

開閉かいへいしづらくなっていて、しかも故障こしょうやすいので、
けっしてうごかさないでくださいと、
公民館こうみんかんひとからつよわれています
みなさんも注意ちゅういしてください

こわれたら修理しゅうりできないっていうから
大事だいじにしてくださいね

勝手かってにさわっちゃだめだよ!

 


つぎは2かいです

丹下建三たんげけんぞうさんの初期しょき作品さくひんとしての
オリジナルを見学けんがくしてもらうために、
かい改修かいしゅうはほとんどしていません

二階廊下にかいろうか

防水ぼうすい改修時かいしゅうじ屋根やねおもさをかるくしたので、
耐震補強たいしんほきょうもしなくてすみました
社長室・会長室のしゃちょうしつ かいちょうしつ つくりつけの家具かぐも、
鉄製てつせい建具たてぐも、ガラスも、すべてオリジナルです

つく家具かぐ

社長室しゃちょうしつ会長室かいちょうしつも、いま絨毯じゅうたんめられているけど、
完成写真かんせいしゃしんたらプラスタイルがってあったね

テラス

テラスのゆかタイルは、
防水改修ぼうすいかいしゅうをしたのでえているようです

ガラスカバー

ガラスブロックの天窓てんまどはオリジナルですが、
雨漏あまもり防止ぼうしのためにおおわれたガラスカバーは
オリジナルではありません

 

 



以上、文化財いじょう ぶんかざい改修かいしゅう
耐震補強たいしんほきょうのおはなしはここまでです


会長室かいちょうしつ社長室しゃちょうしつ会議室かいぎしつも、
みんな見晴みはらしのいい部屋へやだよね
テラスもひろくて気持きもちがいいしね

オリジナルがそのままのこ墨会館すみかいかんの2かいはおすすめです
テラスや会長室、社長室、階段かいちょうしつ しゃちょうしつ かいだんホールなどで
立ち止まって、丹下建築たんげけんちく体感たいかんしてみてください


ただ2かいへは、ボランティアガイドが

同行どうこうしないとはいれませんので、
事前じぜんにボランティアガイドの予約よやくをおねがいします
自分じぶんたちで勝手かってはいっちゃ、ダメだからね!

 


もくじにもどる