豆知識まめちしき用語説明ようごせつめい

【豆知識】耐震構造たいしんこうぞう

耐震基準たいしんきじゅんは、建物たてもの地震じしん震動しんどう能力のうりょくさだめるもので、関東大震災かんとうだいしんさいつぎとしの1924ねん大正たいしょう13ねん)に、世界せかい先駆さきがけて日本にほん施行しこうされた。

1981ねん昭和しょうわ56ねん)に耐震基準たいしんきじゅんおおきく改正かいせいされ、新耐震基準しんたいしんきじゅん誕生たんじょうした。新基準しんきじゅんでは、地震じしんによる建物たてもの倒壊とうかいふせぐだけではなく、建物内たてものない人間にんげん安全あんぜん確保かくほすることに主眼しゅがんおも目的もくてき)がおかれた。旧基準きゅうきじん震度しんど程度ていど地震じしんえうる建物たてものとの規定きていは、新基準しんきじゅんでは『震度しんど強以上きょういじょう地震じしんたおれない建物たてもの』とわった。

墨会館すみかいかんはしらはりわせて構造こうぞうささえる仕組しくみである。そのはしらはり建物たてものささえるが、建物たてもの強度きょうどたかめるためにはしらはしらあいだ筋交すじかい(鉄骨てっこつブレース)で補強材ほきょうざいれて、耐久性たいきゅうせい耐震性たいしんせいをさらにたかめている。

 


耐震補強たいしんほきょうおも工法こうほうタイプ

・ブレース

既存きぞんRC建物たてもののフレームのなか鉄骨てっこつブレースなど追加ついかすることで、建物たてもの耐震性能たいしんせいのう上昇じょうしょうさせる補強ほきょう

耐震壁たいしんかべ

既存建物きぞんたてもののオープンフレームないあらたたに耐震壁たいしんかべ増設ぞうせつすることで、建物たてもの耐震性能たいしんせいのう上昇じょうしょうさせる補強ほきょう

・アウトフレーム

既存建物きぞんたてもの外側そとがわからあらたにフレームを追加ついかすることで、建物たてもの耐震性能たいしんせいのう上昇じょうしょうさせる補強ほきょう

柱等補強はしらとうほきょうき)

既存きぞん躯体くたい外側そとがわ鋼板こうはん炭素繊維等たんそせんいとうくことで、建物たてもの耐震性能たいしんせいのう上昇じょうしょうさせる補強ほきょう

 


 

【用語説明】不燃化ふねんか

不燃化ふねんかとは、火災かさい延焼えんしょうふせぐためや火災かさいさい利用者りようしゃ安全あんぜん避難ひなんできるよう避難路ひなんろ安全性あんぜんせい確保かくほするため、ざい建物たてもの材料ざいりょう)をえたり、化学処理かがくしょりほどこしたりして、建物たてものえにくくすること。


【用語説明】ルーバー

ルーバー(Louver)は、羽板はいたばれる細長ほそながいたを、枠組わくぐみに隙間すきまをあけて平行へいこうんだもの。


 

【用語説明】プラスチックタイル(プラスタイル)

プラスチック樹脂じゅし原料げんりょうとする床材ゆかざいのことをいう。

設計図せっけいずはプラスタイルと記載きさいされている。プラスタイルは
三星みつぼしアスファルトタイル(かぶ)(当時とうじ)の商品しょうひんおも塩化えんかビニル樹脂じゅしなどの硬質こうしつ素材そざい使つかい、30センチ四方しほうのタイルのようなうす板状いたじょう成型加工せいけいかこうした床材ゆかざいで、「Pタイル」とぶことがおおい。

 


 

【用語説明】ピロティ

ピロティとは、2階以上かいいじょう建物たてものの1階部分かいぶぶんかべもうけず、はしらだけの空間くうかんにしている形式けいしき
駐車場ちゅうしゃじょう通路つうろ広場ひろばなどの屋外空間おくがいくうかんとして使用しようされていることがおおい。もともとはル・コルビュジエという近代建築きんだいけんちく巨匠きょしょうんだ建築形式けんちくようしきであり、近代建築きんだいけんちく幕開まくあけとともに、ピロティ形式けいしきおおくの建物たてもの採用さいようされてきた。