WEBで建物見学

名称の由来

墨会館の名称の由来は、建物が艶金興業という繊維関係の会社の本社事務所として建設され長年使用されており、社長の名字が墨さんであったことから「墨会館」と呼ばれています。

丹下健三氏が設計された経緯

約60年前、艶金興業の本社事務所の建設に際し、社長が雑誌を見て「コンクリート打放し」の旧東京都庁(有楽町)の建物を気に入り、設計者の丹下健三氏に設計を依頼することとなりました。最初は断られましたが、粘り強く交渉して実現しました。
写真は、建設当時の 設計図面を保管されている資料室です。

建物の外観について

【高い壁に囲まれた外観
毛織物産業の工場地帯であったので、騒音対策として建物全体が壁で囲まれています。
外部に面した壁は、窓を少なくしたため、暗くなる建物内部への明り取りには様々な工夫が施されています。
【建物北側のテラコッタ】
建物壁面のうち北側のみテラコッタ(陶器)による、吹き抜けのある構造となっています。
北側は、道を隔てて住宅があり、防音対策が必要でなかったことから、明かり取りの役割もかねています。

手作りの陶器の色あいと合わせて、特徴的なスタイルとなっています。
【ピロティ】
建物中央部の 鉄格子扉の内側のスペースは、集会室棟と公民館棟の二つの建物の車寄せの役割をしている
「ピロティ」(柱だけの空間)になっています。
中庭との壁面は、建物北側壁面と同じテラコッタ(陶器)製になっており、明かり取りと風通しの役割をしています。
改修工事でのピロティの耐震強化対策では、4本の柱
コンクリートを打ち直し、建設当時より片側5cm(計10cm)太くしてあります。
鉄格子扉をそのまま生かすことで、建設当時の姿が残るように改修されました。 

建物の内部について

【玄関ロビー】
吹き抜けになっており、2階全体をガラス窓にしてあるため、明るいロビーになっています。
【玄関ロビーのタイル】
ロビー壁面は、 テラコッタと同じ「信楽焼」 のタイル壁になっています。
特注品で、色相と手作り感のある風情が人気となっています。室内にタイル壁を設置したことは、当時では珍しかったそうです。
【集会室棟天窓】
高い塀に囲まれているため、天窓(トップライト)や壁壁面上段部に「小窓」を設け、明りが室内に届くよう工夫がされています。
【欄間風の板ガラス】
各部屋を仕切る壁面上部には、欄間様式の透明の「板ガラス」が使用されています。
室内には、和の様式が取り入れられており、洋風な外観とは、異なった趣になっています。
【中庭を望む景色】
敷地中央部に広い中庭を作り、中庭に面した場所は総ガラス張りになっています。

建物内から、中庭が見渡せるようになっています。
【ロビーのテーブルとイス】(レプリカ)
墨会館は、建具やイス・机なども含めて、一人の建築家の構想のもとに設計されており、それらの設計図は、今も残っており、公民館開館時に複製されたものです。
【ホワイエの雪見障子】
公民館棟ホワイエ(廊下)の南側ガラス戸は、和の要素を取り入れた「雪見障子」になっています。
日よけと明かり取りの役割をしています。
【2階会長室
2階には、会長室、社長室、会議室があります。
床は、絨毯張りになっており、洋風な外観からは想像できない、和風の造りづけの家具や棚が設けられています。
【2階テラス】
ここからは、墨会館の周辺の景色と中庭全体が眺められます。
手すり(正式には勾欄<こうらん>という)をはじめ、梁や柱等全てがコンクリート打放しの構造で、柱には杉板の板目や節目・釘の跡が見受けられます。
また、せり出した梁は、お寺の軒下に似ており、墨会館の特徴であるダブルビーム(二重梁)も見られます。 
南方向には、集会室の屋根があり、明かり取りの丸いトップライトが印象的です。
【集会室棟玄関ロビー】
入口正面には、公民館棟ロビーと色が異なる「タイル壁」になっています。

集会室は不特定多数が使用するため、不燃化等の改修を行っていますが、天井の木製桟や壁・扉類は、薬剤を浸透させて不燃化を図り、昔の雰囲気をできるだけ残すようにしてあります。
【集会室スクリーン】
コンクリート造りの特徴として、手をたたくと音が残ります。
この残響が良いと、利用される方もいます。
集会室では、3つの電動装置を、60年前に丹下健三氏は採用しています。
①   正面スクリーンの、屏風に似た折りたたみ壁の開閉に電動化を採用しました。
②   右手の中間壁は、重い木造であったためギアとチェーンで動かしていました。
③   天井照明は、上下に高さを変え、用途に合わせて明るさを調整していました。
また、 正面スクリーンは、「屏風」形式になっており、ここにも和の要素が取り込まれています。
【中庭】
二つの建物の間には、芝生の広い中庭があります。
昔は、ガーデンパーティーが開かれていました。